食と子育てコミュニティ
~もぐシェア~

食と子育て
コミュニティ
-もぐシェア-

食でつながる新しい
子育てと地域のあり方,
助け合いの仕組み

もぐシェアって?

「子育て家庭を食卓から地域で支える」をコンセプトに、現役ママが立ち上げた食と子育てのご近所コミュニティです。システムはオイシックスの子会社である(株)ふらりーとがサポートしています。

「皆で子育てをできる社会に」

ふらりーと代表 齋藤大斗

子育ての責任が全て母親にのしかかっている今の状況、おかしくないですか?
核家族化と遅延の希薄化、女性の社会進出と子育て=女性のものという時代に合わない子育て観...
これらにより多くの母親は"孤育て"に追いやられ、困ったときに「助けて」と言い辛い社会になっています。
この食と子育のコミュニティを通じ、「誰かに頼れる/頼ってもいいんだ」と多くの人が思える社会になればいいなと思いママたちの活動を支援しています。

どんなことをするコミュニティ?

コミュニティ内では、メンバーが自発的に食と子育てに関する活動を、メンバー限定のSNSを通じやり取りしています。その中で代表的なものを幾つかご紹介します。

①おすそわけネット

共働き家庭のために、時間の融通が聞く人が作りすぎて余ってしまった手料理などをおすそわけできる仕組みです。

②料理教室部

料理上手なメンバーが自宅等を中心に、離乳食やとりわけ食,子供向け料理教室などを行います

③交流会部

ホームパーティーや座談会を通じ、ちょっとした育児の悩みから料理のことまで、ざっくばらんにメンバー同士で交流できる機会です。地域ごとに開催されています。

こんな様子で活動しています

「親子で楽しめるお菓子作り教室@世田谷支部」

料理教室の先生をしているコミュニティメンバーが主催し、地域のお母さんたちがお子さんと一緒に参加しました。

「クック同士のホームパーティ@三鷹市部」

三鷹で料理提供側(おすそわけや料理を教える側)になる人同士が、交流と情報交換のためにメンバーの自宅でホームパーティーを開催。美味しい料理を食べながら、料理のノウハウや知識を交換を楽しみました。

よくある質問

  • A.「子育て家庭を食卓から地域で支える」をコンセプトに、現役ママが立ち上げた食と子育てのご近所コミュニティです。システムはオイシックスの子会社である(株)ふらりーとがサポートしています。

  • A.もちろん任意です。メーリス等で定期的な情報発信はしますが、それ以降の参加は強制ではありません。あくまでコミュニティです。

  • A.おすそわけが主目的ではなく食と子育のコミュニティにおける活動の一環であること、またおすそわけする範囲も顔見知り前提で作りすぎたものなど、いわゆる"おすそわけ"の範疇を出ない場合は問題ないと、保健所に確認済みです。

  • A.今は世田谷区,目黒区,川崎市,三鷹市を中心に展開しています。コミュニティ自体は小規模(3名~)でも成立するので、細かくは様々な地域にも展開していますので、詳細はお問い合わせ下さい。